Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
宣教師館の窓から | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会  東京都新宿区早稲田

宣教師館の窓から

宣教師のフィンランド大統領との会見記

先月日本を訪問したニー二スト・フィンランド大統領を歓迎するレセプションが在京フィンランド大使館にて開催され、Sley宣教師の吉村夫妻も招待されました。以下はそのことについてスオミ教会の週報(10月27日付)に掲載された報告です(個人名は伏せました)。

ニー二スト・フィンランド大統領からの労い言葉

 この度の天皇の即位式に出席するためフィンランドからニー二スト大統領が来日し、その前日の月曜日(21日)、在京フィンランド大使館にてレセプションが催されました。私たち宣教師夫妻も招待されました。皆様も御存じのように、SLEYは日フィン外交関係の樹立以前(今年でちょうど100年)からだけでなく、フィンランドが1917年に独立する以前から日本伝道を始めたという、日フィン関係のパイオニア的存在です。そのため大使館も一目置いているのです。

 レセプションは、最初は大統領をはじめ来賓のスピーチ、その後は立食形式のディナーとなり、大統領と特に話したい勇気ある人は自由に話が出来ました。大勢の人が並ぶ中、私とパイヴィも順番を待ちました。

 大統領の前に立って、まず自分たちがフィンランドの国教会のミッション団体の宣教師である旨を名乗りました。すると、私たちの順番の前に、1940年代に孤児として宣教師に育てられた御婦人がいたと言及されました(大岡山教会教会員のHさんのこと)。「その宣教師は私たちの団体の宣教師だったのです」とパイヴィ。私も、SLEYが1900年から日本伝道を始め、まさに30~40年代は国粋主義の嵐の中で宣教師は大変な苦労をしたが、戦後は「民主的な」国となり、自由に妨害されることなく福音伝道を続けている、と述べました。大統領は「あなたたちは価値ある仕事をされている(Te teette arvokasta työtä!)」と述べられました。私たちもお礼を述べ、短い会見は終わりました。

 日本の暗い近現代史に触れた上での、この労い言葉には、含蓄があるのではと思われました。

写真 Markus Rantala (Makele-90) – Oma teos, CC BY-SA 3.0, リンク, cropped

このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 12月 14日 10:30 am
    こどものクリスマス料理教室
  • 12月 15日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(マタイ1章18~23)、礼拝後交わり。
  • 12月 15日 5:00 pm
    Joululauluilta (Suomi-kai スオミ会)
    Tervetuloa laulamaan joululauluja! Nyyttikestit.
  • 12月 19日 12:15 pm
    「ランチタイム小礼拝」
  • 12月 19日 12:30 pm
    コーヒータイム
  • 12月 19日 7:15 pm
    フィンランド語クラス
    初級クラス、中級クラス、上級クラス
2019年のクリスマス
クリスマス
子どもの料理教室
12月14日(土)
10時30分~13時
詳しく見る
小学生くらいまでの皆さん、ぜひいらしてください。
聖書を学びたいなら: