ニュースブログ

スオミ・キリスト教会 2021年8月1日(日)午前10時30分から 聖霊降臨後第10主日礼拝(ビデオ礼拝

礼拝を見る

司式:ハヴカイネン・テイモ

説教:ハヴカイネン・テイモ

説教題:「命のパン」

讃美歌:244、371、289、200

アシスタント:マリ・リーサ

 

 

 

歳時記

この季節、林間に咲く女王と言えばやはりこの花ですね。あふれんばかりの百合の一叢に出会いました。香りが辺りに漂っていました。

まことに去りがたいひと時でした。

スオミ・キリスト教会 2021年7月25日(日)午前10時30分から 聖霊降臨後第9主日礼拝(ビデオ礼拝)。

司式・説教:マルッティ・ポウッカ 牧師

説教題:「喜ばしい自由な心で」

祈り・聖書日課:パイヴィ・ポウッカ 宣教師

聖書日課:列王記下 4:42-44、エフェソ 3:14-21、ヨハネ 6:1-21

賛美歌:190:1  339:1   181:1   226:1

音楽:マルッティ・ポウッカ

ビデオ編集:パイヴィ・ポウッカ

歳時記

夏至を過ぎて早一か月が経ちました。何となく朝夕の陽の出入りが変わって来ました、心細い感じがします。散歩道の途中で見かけた栗の木の葉陰に実がついていました。真新しいきれいな実です、来月になると立派な栗の実になるでしょう。時期を見てこの実をと思っていますが早い者勝ちですからきっと駄目でしょうね。

スオミ・キリスト教会 2021年7月18日 (日) 午前10時30分から 聖霊降臨後第8主日礼拝(ビデオ礼拝)  司式・説教:マルッティ・ポウッカ 牧師

説教題:「信頼できるイエス」

祈り・聖書日課:パイヴィ・ポウッカ 宣教師

聖書日課:エレミア 23:1–6、エフェソ 2:11–22、マルコ 6:30–34、53–56  

賛美歌:189  371:3   160   222  

音楽:マルッティ・ポウッカ

ビデオ編集:パイヴィ・ポウッカ

ビデオ礼拝を見る

 

歳時記

今朝待望の夏の太陽が顔を見せていました。しかし天気図では西の方にまだ雲の塊が見えています、梅雨明けの発表が待ち遠しいですね。フインランドからPäivi Pokka先生の便りに「小道」というタイトルの写真が添付されていました。道の並木は白樺でしょうか、こんな道を歩いてみたいですね。

Päivi Pokka先生から皆様に「スオミ教会の皆さんによろしく伝えてください!」との言づけがありました。

 

2021年7月11日 (日)午前10時30分から 聖霊降臨後第7主日礼拝(ビデオ礼拝)  司式・説教:マルッティ・ポウッカ 牧師

説教題:「未来と希望」 

祈り・聖書日課:パイヴィ・ポウッカ 宣教師 

聖書日課:アモス 7:7-14、エフェソ 1:3-14、マルコ 6:14-29   

賛美歌:188  371:2   154   198   

音楽:マルッティ・ポウッカ 

ビデオ編集:パイヴィ・ポウッカ 

歳時記

雨の日が続いています。合歓の花が生き生きと咲いていました、本当に合歓の花には雨が合っていると思いました。子供の頃は花よりも葉の方に興味がありました。夜になると葉を閉じたり、触っても葉を閉じましてね不思議でした。

2021年7月4日 (日)午前10時30分から 聖霊降臨後第6主日礼拝(ビデオ礼拝) 

司式・説教:マルッティ・ポウッカ 牧師

説教題:「故郷にお帰りになったイエス」

祈り・聖書日課:パイヴィ・ポウッカ 宣教師

聖書日課: エゼキエル 2:1-5、2 コリント 12:2-10、マルコ 6:1-13

賛美歌:187:1  371:1   149   200

音楽:マルッティ・ポウッカ

ビデオ編集:パイヴィ・ポウッカ

☛ 礼拝を見る

歳時記

尾根緑道の藕絲館(ぐうしかん)の蓮の蕾が膨らんできました、なかには開花した花もあります。 建物からは蓮糸を作り出す作業なのかトントンと叩く音が途切れません。暑い夏の先駆けでしょうかかえったばかりのシオカラトンボを見かけました。