教会の生活

来週の礼拝:12月17日 待降節第3主日

 

司式 吉村博明 宣教師

説教 吉村博明 宣教師

聖書  イザヤ 61:1~4

    Ⅰテサロ 5:16~24

    ヨハネ 1:19~28

賛美歌 9 13 14 11

奏楽 青木千恵 姉

当番 折笠博子 姉

応対 木村たか子 姉

 

スオミ教会家庭料理クラブのご案内。12月16日 13:00~


スオミ教会は礼拝堂や玄関にツリーが飾られ、クリスマスのワクワクした雰囲気に包まれてきました。

12月の家庭料理クラブは、「Bostonkakku」を作ります。

プッラ生地で作るBostonkakkuは、
ドライフルーツを入れたり、華やかにデコレーションをして、クリスマスの食卓を飾ります。

この他にもシロップといろいろなスパイスが入っているシナモンクッキーを作ります。

ご一緒に楽しく作りましょう!

誰でもお気軽にご参加ください。料理クラブは、要予約です。メールアドレスはこちらのページにご覧下さい。

交わり

 2アドベントの食事会です、老若そろって教会ランチを美味しくいただきました。内外ともクリスマスの飾りつけも済み教会はクリスマスの雰囲気で満たされています。

 

手芸クラブのご案内。11月29日(水)10時―13時

日本に江戸時代から伝わる技法「つまみ細工」を作ってみませんか?

糸も針も使わず簡単に作れます。リネンやコーデュロイを使ってモダンなアクセサリーを作りましょう。

つまみ細工

素敵な髪飾りやブローチなどが出来ますので、ぜひご参加ください。

材料の布はこちらで準備しますが、もしご自分の好みの布があったら、それを持って来ても結構です。

お話しながらワイワイ楽しく作りましょう.

持ち物:ピンセットです。つまみ細工

材料費: 500円

手芸クラブは、お子さん連れの参加も歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしています。

問い合わせ、お申し込み paivi.yoshimura@gmail.com
電話03-3362-1105

日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会、東京都中野区上高田1-36-20

 

歳時記

今日礼拝当番のニュウフェースがデビューしました。Aさんは赤ちゃんの頃からの付き合いです、立派な後継者の誕生に私たちも喜びを分かち合いました、神様のご計画の一端を垣間見た一日でした。

T.H

11月のフィンランド家庭料理クラブのご報告

 
穏やかな初冬の到来に、この日のキャセロールメニューはぴったりでした。

最初にお祈りからスタートです。

今回の参加者は6名、丸形と長方形の型で2台のサーモンとジャガイモのキャセロールをつくりました。

フィンランド人の男性の参加もあり、ジャガイモの皮むきのスピードと綺麗な出来上がりに、子供の頃からお手伝いすると聞き、流石だなと思いました。

下ごしらえした材料を器に敷き込み、卵液を流し込みオープンへ入れて、次は付け合わせの人参です。
人参のすりおろしとパイナップルのあえ物は、簡単で美味しいサラダになりました。

キャセロールの焼き上がりまで1時間程あるのです、パイブィ先生から、キャセロール料理の思い出や聖書のお話を聞かせて頂きました。

オープンからはキャセロールの焼ける香ばしく美味しい香りがしてきます。
焼き上がりのチェックをして、完成です。

熱々のキャセロールを取り分け、バイブィ先生の焼いて下さったパンと一緒に、美味しく頂きました。

下ごしらえをして、後はオープンにお任せできるキャセロール料理は、寒い季節の重宝な一品になりました。

参加の皆様お疲れ様でした。

料理クラブの話 2017年11月 サーモン・ポテト・キャセロール

フィンランドの家庭ではいろいろなキャセロールを作ります。例えばキャベツ・キャセロール、人参キャセロール、以前こちでも作ったマカロニ・キャセロールなどがよく作られます。キャセロールは特にフィンランドのクリスマスの食卓の伝統的な料理です。クリスマスの前に多くの家庭では人参キャセロールやポテト・キャセロールなどを早めに作って、クリスマスまで冷凍で保存します。サーモン・ポテト・キャセロールはフィンランドの伝統的な料理で、1700年ころから貴族の食卓の料理でした。普通の家庭では1800年くらいから作られるようになりました。

今日作ったサーモン・ポテト・キャセロールは私の家でも母が良く作った料理です。母はいつもパンを自分で焼きました。パンを焼く日に母は薪でオーブンを温めました。パンを全部焼き終えると、母はサーモン・ポテト・キャセロールをオーブンに入れて、夕食は簡単にできました。なぜなら、オーブンに入れたままでいいからです。それで母はパンを沢山焼いた後、一休みが出来ました。このように、オーブン料理が好まれる理由の一つとして、オーブンに入れたら他の家事を休むことが出来ることがあります。

サーモン・ポテト・キャセロール「lohiperunalaatikko」は、フィンランドでは寒い季節の料理の一つです。11月になると、外はだんだん暗く寒くなってきますので、フィンランド人は体を温めるご飯を食べたくなります。オーブンで焼く料理を作ると、部屋も暖かくなります。こうして寒い季節にオーブンで作る料理のおかげで体はとても温かくなります。しかし、心はどうでしょうか?温かいご飯と暖かい部屋があれば、心も温かく感じるかもしれませんが、心には体と違う、心を温かくするものがあると思います。例えば、心を温める言葉があると思います。例えば「ありがとう」「楽しいね」「うれしい」と言ったら、言う人も言われた人も心が温かく感じるでしょう。そういう言葉は「心が味わうオーブン料理」と言っても、いいのではないでしょうか?言葉だけでなく、心を温めるお話もあります。皆さんもそのような映画や本を沢山知っているでしょう。私は「心を温めるお話し」を考えると、聖書にある「放蕩息子」の話を思い出します。これはイエス様がたとえを使って人々に語った教えの一つです。それを紹介したく思います。

ある家に息子が2人いました。それは雇い人が沢山いる裕福な家でした。弟の方は好きなことばかりやって暮らしていました。ある日、外国に行きたくなって、父親に強く言いました。「お父さん、お父さんが死んだら僕のものになる財産を今すぐ分けてよ。外国に行ってしたいことがあるんだ。」父親が何を言っても息子は聞きません。父親は自分勝手な息子のことを悲しく思いましたが、財産を兄弟に分けることにしました。弟はそれを全部お金に換えると遠い国に旅立ちました。

息子はそこでとても華やかな生活をしました。高価な服を着て、そこで出来た友人たちと美味しいものを食べ、お酒を飲んで毎日遊んでばかりいました。しかし、いつしかお金はなくなってしまいました。ちょうどその時、その国にひどい飢饉が起こって、彼は食べ物に困り始めました。お金がなくなると、友達もいなくなってしまいました。みんな、お金が目当てだったのです。だれも助けてくれる人はなく、息子は一人ぼっちになってしまいました。

それで息子は仕事を探しました。やっと豚の世話する仕事をもらえましたが、お腹はいつもペコペコでした。きたなくて冷たい豚の餌を食べたいと思うくらいでしたが、持ち主はダメだと言いました。その時、息子は父親の家には温かい食べ物も暖かい部屋もあることを思い出し、もう帰ろうと思いました。でも、父親の財産を無駄に使ってしまった自分はもう息子と呼ばれる資格はないとわかっていました。それで、家の雇い人の一人にしてもらえるように頼んでみようと思いました。父親の前でこう言おうと考えました。「お父さん、僕は天に対しても、お父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください。」

息子は家に帰る途中ずっと、父親は自分と口をきいてくれるだろうか、ドアもあけてくれないのではないかと心配しながら帰りました。やっと懐かしい家が見えました。すると、父親の方が遠くからやってくる息子に気がつきました。着ている服はボロボロで、体じゅう汚く、顔も痩せていましたが、すぐ息子だと分かりました。父親は息子に向かって走って行きました。息子は父親が走り寄ってきたのに驚きました。その時、考えたことを言おうとしましたが、父親の顔をまっすぐ見ることが出来ませんでした。すると父親は息子を抱きしめたのです。驚いた息子は、抱きしめられたまま言いました。「お父さん、僕は天に対しても、お父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はないんです。」息子が「雇い人の一人にして下さい」と言う前に、父親は家来たちに言いました。「さあ、急いで一番良い服を持って来て、息子に着せなさい。手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから最高の食材をそろえて、盛大なお祝いの準備をしなさい。息子は死んでいたのに、生き返ったのだ。見失われていたのに、見出されたのだ。祝うのは当然のことではないか!」父親が罰ではなくて愛をもって受け入れたので、息子は生まれ変わることができました。

イエス様がこのたとえを話したのは、神様はどのような方であるかを教えるためでした。父親は神様のこと、息子は私たち人間のことを指します。私たちも神様のもとに戻って行けば、神様はこの放蕩息子の時と同じように必ず私たちを喜んで抱きしめて迎えて下さいます。このように神様の私たちに対する愛は、私たちの罪を赦して受け入れて下さることです。神様のもとに帰る人は皆、神様の子どもになれるのです。「ヨハネの第一の手紙」3章1節に次のように言われています。「御父がどれほど私たちを愛して下さるか、考えなさい。それは、私たちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、その通りです。」

交わり

きょうは臨時総会の日です、教会ランチの炊き込みご飯を頂いて総会に臨みました。

10月の手芸クラブの報告、アロマキャンドル


この秋初めての手芸クラブは10月25日に行われました。雨が静かに降り、外は雨雲のため暗かったでしたが、会場となった教会の2階は明るい雰囲気に包まれました。

手芸クラブは最初にお祈りをして始めます。

今回の作品は、アロマキャンドルでした。はじめに作品のモデルを見て、どんな香りや飾りつけのキャンドルを作りたいかを考えます。きれいな飾り物、カリフラワーや果物が沢山並べられたテーブルはいろんな色で溢れました。ハーブなどの香りのオイルが紹介されて、その後でキャンドルに入れたい香りを考えました。初めにキャンドルの形や飾り物を選びます。紙の上にモデルを作って、キャンドルの飾り物をのせます。次にワックスを溶かして、型に流してから、タイミングの良い時にワックスの上に飾り物をのせます。溶かしたワックスの中に入れたオイルの良い香りがだんだん部屋中に広がりました。楽しく話ながらワックスが固くなるのを待ちます。子どもも固まるのを待ち遠しくしていました。固くなったキャンドルを型から出すと、きれいな飾りや良い香りのするキャンドルが出来上がっていました。みなそれぞれに違う飾り物を施して、全部素敵なアロマキャンドルが完成しました。お家に持って帰ったら、良い香りは家中に広がったでしょう。

かたつけをしてからコーヒータイムに入りました。そこで、冬のフィンランドの氷ランタン作りや聖書の中に出てくる「光」についてのお話がありました。

「光」

手芸クラブの話

今日は皆さんと一緒にきれいな飾りの、良い香りがするキャンドルを楽しく作ることが出来ました。スオミ教会の手芸クラブで初めてこのようなキャンドルを作ることが出来て嬉しいです。
以前、私はフィンランドでキャンドルを作ったことがありますが、それは飾り物ではなくて灯すためのものでした。作るのはかなり大変でした。ロウを溶かして、それに色を入れて、形を作りましたが、あまりきれいなキャンドルは出来ませんでした。しかも、溶かしたロウはいつもあちこちに落ちてしまって、作る場所は汚くなりました。後の掃除も大変でした。今日はキャンドルがとても簡単に作れたので驚きました。

フィンランド人はキャンドルが大好きです。フィンランド人もきれいなキャンドルを飾り物として家に飾ったりしますが、使い方の一番はもちろんキャンドルを灯すことです。これから暗い季節になるので、フィンランド人はキャンドルを沢山灯すようになります。ちょうど今度の週末にフィンランドや他のヨーロッパの国々は夏時間から冬時間に変わります。時計を1時間戻します。(それで日本との時差も6時間から7時間に変わります。)そうすると、フィンランドでは日が沈む時間が早くなって、暗くなるのも早くなります。暗い季節の時にフィンランド人はキャンドルを光として灯しますが、雰囲気のためにも灯します。キャンドルの明かりは暖かい雰囲気をもたらします。雰囲気のために灯すキャンドルは夏の夜レストランでもよく見られます。

冬の暗い季節にフィンランド人は家の中や外でもキャンドルを灯します。そしてクリスマスが近づくと電気のロウソクとイルミネーションも沢山飾ったりします。外に置かれる氷ランタンは面白いものの一つです。それは簡単に作れるので、普通の家庭でよく作られます。バケツに水を入れて、それをマイナスの温度の外に置いて凍らせます。底と周りの部分が凍って、真ん中がまだ凍っていない状態でバケツから氷を取りだします。そうすると、真ん中がカラっぽで、ガラスのような大きな氷の器が出来ます。それをひっくり返して雪の地面に置いて、その中にキャンドルを置いて灯すと、暗い外でとてもきれいに光を照らします。

聖書にも光について書いてあります。聖書の光はイエス様のことを指しています。「イエス様は再び言われた。『私は世の光である。私に従うものは暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。』」ヨハネの福音書8章12節のみ言葉です。

イエス様は「私は世の光である。」と言われました。これはどんな意味でしょうか?この世は、明るい時に目を開ければいろんなものが見えます。しかし、将来どうなるかということは目を開けても見えません。また他の人たちが何を考えているか、それが自分にどんな影響があるのかもわかりません。身近な人だったらわかるかもしれませんが、それもいつも自分が思っている通りとは限りません。そのように私たちは、目で見えないことについては暗闇の中にいるのと同じでしょう。イエス様の光とは、そのような暗闇の中でも心配しないで前に進めるように導いてくれる光です。将来どうなるか、他の人たちとの関係はどうなるか、いろいろ心配はあっても、心の目でその光を見て、それを目指して行けば、安心して前に進めます。進んで行けば、将来どうなるか、他の人たちとの関係もどうしたらよいか、わかってきます。イエス様は本当に導きの光です。

それでは、どうしたらイエス様の光を見つけることができるでしょうか?それは聖書のみ言葉を通して見つけることが出来ます。聖書を読むと、イエス様は本当にそういう光であることがわかってきます。

イエス様からの光は、キャンドルの明かりよりもっと明るく輝く光です。その光は私たちの心の中に入って、イエス様は信頼できる方、だから心配しないで安心して前に進もうという気持ちを起こします。その光は毎日心の中で輝いて、私たちに喜びを与えて下さいます。


次回の手芸クラブは11月22日です。詳しくは、少し後で、教会ホームページの案内をご覧ください。

 

10月21日家庭料理クラブのご報告

大型台風の接近のニュースに、天候が心配される中、10月のスオミ教会家庭料理クラブは、「ムスティッカプッラ」を作りました。

最初にお祈りをしてスタートです。

今回は、フィンランド人の大好きなプッラとブルーベリーの取り合わせに、作業前から期待感が高まりました。

最初はプッラ生地を作ります、
今回は少し柔らか目の生地作りにトライです。
頑張って捏ねた木地は、とても良い出来上がりになりました。
発酵、成形と作業が進み、最後のブルーベリーの登場に、歓声が上がり、丁重に生地に乗せ、オープンへ。
きれいな焼き色と香ばしい香りに、試食タイムが待たれます。

柔らか目に頑張って捏ねた生地は、とても美味しい出来上がりになりました。

パイブィ先生からは、森に自生するブルーベリーのお話をたっぷり聞かせて頂き、
聖書についても、分かりやすくお話しして頂きました。

参加の皆様お疲れ様でした。


次回の「家庭料理クラブ」は、 11月11日を予定しています。


 2017年10月21日ブルーベリーの話

今日は、皆さんと一緒にmustikkapulla ブルーベリープッラを楽しく作ることができました。フィンランドの多くの家庭では、毎年ブルーベリーを採る季節にブルーベリープッラやパイを作るのは習慣になっています。新鮮な採ったばかりのブルーベリーから作るブルーベリープッラを味わうのは家族みんなにとっての楽しみです。

フィンランドでブルーベリーは森で採られるベリーの中で最も人気があるベリーの一つです。ブルーベリーの実は、7月の終わりごろからなり始めますが、収穫は年によって大きく変わります。ブルーベリーの花は寒さにとても弱いです。5月から6月、ブルーベリーの花が咲く時に、もし気温が下がって夜にマイナスになると実はあまり出来ません。また、蜂が少ない年は、受粉も少なくなるので、ベリーの収穫はよくありません。ブルーベリーが出来るのには水分も大事です。よく育つ場所は森の中の湿っているところです。ブルーベリーはフィンランド全国にみられる植物で、高さは15―20cmくらいと低いです。

ブルーベリーは、7月の終わり頃から8月の終わり位まで採ることが出来ます。ちょうどこの頃は森の中に蚊や蠅が沢山いるし、そして暑い夏の日は森の中でブルーベリーを採るのはなかなか大変です。それでも、人によっては、何十リットルも採る人もいます。私たちが住んでいたトゥルクの家の隣のおじいさんは、毎年ブルーベリーを何百リットルも採って、お店や近所の人々にわけてあげたり、売ったりしていました。

フィンランド人はどうしてブルーベリーを沢山採るのでしょうか?それは、健康にとてもよいからです。ブルーベリーには、ビタミンA,B とC、そしてミネラルも多く含まれています。最近ブルーベリーの栄養や健康への良い影響が注目されているので、その使われ方が広がりました。例えば、目にも良い影響があることがわかりました。ブルーベリーの健康への影響はまだ研究されている段階なので、新たな発見も出てくると思います。

フィンランド人は、ブルーベリーをそのまま冷凍にしたり、また乾燥果実にして保存します。もちろん、ベリーからジュースヤジャムも作ったりします。ブルーベリーは、ほとんどデサートやお菓子の材料に使われます。例えば、いろいろな種類のケーキやゼリーなどです。昔は、採ったブルーベリーは、そのまま牛乳と混ぜたりしました。私も子供の頃、そのような飲み物を作ってよく飲みました。飲んだ後は、唇も口の中もブルーベリーの色で青くなりました。

フィンランドの森は、私有地の森でも、ブルーベリーや他のベリーを自由にとることが出来ます。それで、フィンランドではベリーを沢山採るのは、だれにとっても当たり前のように感じられます。しかし、少し考えてみると、これはある意味で奇跡のようにも感じられます。私たちは種を蒔いたり水や肥料をあげなくても、こんなに美味しくて、しかも健康に良い食べ物が沢山得ることが出来るからです。ブルーベリーの実も他の自然の豊かな実りもみな、天と地を造られた神様が私たちに与えてくださるものです。しかしながら、自然から得られるブルーベリーは当たりまえのもののようなので、それを与えて下さる神様への感謝の気持ちは忘れてしまいます。私たちの日常生活の中には神様に感謝することが本当は沢山あると思うのですが、皆さんはお気づきになるでしょうか?聖書の中に感謝について次のように書いてある箇所があります。「いつも、あらゆることについて、私たちの主イエス・キリストの名により、父である神に感謝しなさい。」エフェソの信徒への手紙5章20節です。

私たちは天と地と人間の全てを造られた神様にいつも感謝することが出来るでしょうか?生活の中に嬉しい、素晴らしいことがある時には感謝するのは簡単です。しかし、当たりまえのようになったことは感謝するのを簡単に忘れてしまうのではないでしょうか?また、生活の中に困難がある時には感謝することなどできないでしょう。そのような時、感謝することなんか何もないと思ってしまいます。でも、本当はあるのです。困難の時にも感謝することがあることに気づくと心に平安が得られます。どこに感謝することがあるでしょうか?悩みや苦しみがある時、私たちはお祈りして神様に全てのことを伝えることが出来ます。私たちは自分の父親に対するのと同じように信頼をもって、天の父である神様にお祈りして全てのことを伝えることが出来ます。全てのことを伝えるというのは、大きな信頼のあらわれです。そして、神様を信頼していれば、全てのことを神様の御手に委ねることもできます。こうして、困難がある時に天の父である神様にお祈りして全てを委ねることが出来れば、神様に対して感謝の気持ちが起こってきます。この時、私たちは困難の中にあっても心には平安があります。神様が与えて下さる平安です。

ブルーベリーを含めて、私たちのために与えられるものは全て、神様の手によるものです。だから、私たちの感謝も、最終的には創造主である神様に向けられるのがふさわしいと思います。

交わり

このところ秋の長雨でしょうか毎日雨続きです、折から超大型とされている台風がやって来ます。鬱陶しい秋雨前線を吹き飛ばしてくれるとありがたいですね。台風の情報を気にしながら教会ランチをいただきました。

聖書を学びたいなら:
クリスマスとは?
クリスマスについての楽しいゲームスタイル アニメーションをご覧ください。