Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
フィンランドの教育 | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

フィンランドの教育

フィンランドの教育 「生きる道」 パイヴィ・ポウッカ

「るうてる」だより 2011年5月

3月11日の震災の悲しいニュ-スは世界をびっくりさせました。そして、被災しても冷静な態度でやさしく助け合う日本人の姿をテレビで見て、たくさんの外国人が驚き感動しました)。

フィンランドで「被災者の行動は日本の教育に関係がありますか」という質問を何度も受けました。日本の学校の道徳教育について学んだ私は「はい、それもあると思います」と答えました。「日本は自分を律し、思いやりの心で相手のことを考え、命を尊重し、社会に貢献することを大切にする国民です。」

3月16日の朝日新聞に、親戚の家に避難している10歳の兄と7歳の妹の写真がありました。ランドセルを背負った二人は、学校に行く途中に線路の上に座って一休みしていました。道路が冠水していましたが、線路に沿って正しい方向に行くことができました。
人生の嵐や悲劇は、家庭・学校教育の適切さと達成度のテストだと思いました。子どもたちを堅固で安全な道に導いたか、試練にもくじけないように育てたか、それを乗り越える希望を子どもたちに備えられたか。

大事なものだけではなく、愛する人々を失った子どもたちも多くいるでしょう。深い悲しみと命の限界に向き合った人たちをどう慰められるでしょうか。イエスは教えました「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」(ヨハネ14章6節)死も打ち勝たれた、命であるイエスより信頼できる道はないでしょう。だから「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」(1節)

Paivi Poukkaポウッカ・パイヴィ、スオミキリスト教会宣教師
写真 (Paivi Poukka): 命であるイエスは道です。

フィンランドの教育 「白い桜と翼」 パイヴィ・ポウッカ

「るうてる」だより 2011年4月

桜の花びらの下を始業式や入学式に向かう生徒たち。その中で特に目に泊まるのは、真新しい洋服や制服を着た新一年生と、ドキドキしている親たち。日本の四月は多くの人にとって大人への自立の長い旅の始まりの第一歩の時です。

日本の学校と比べて、フィンランドの新学年は秋から始まります。1学年には2つの学期があり、秋学期が8月の中旬に始まって、クリスマスまで続きます。春学期は1月の第2週ごろに始まり、学校の1年は6月の初めごろまでには終わります。日本とフィンランドは文化が異なりますが、どちらも教育を大事にする国です。親の心も同じです。子供が大きくなることは有難いことですが、心配もあることでしょう。学校に通い始めると、子供たちはだんだん家からも親の手からも離れていきますから。

フィンランドで教師として働いていた時のいい思い出の一つは、祝福をしてもらうために教会に集まった新しい一年生です。子供は両親と新しい先生と牧師と共に、感謝を込めて祈りました。学校で一人もいじめられることがないように、いい友達できて、子供の長所と個性を活かして下さる先生たちに出会えるように、などと願いました。

私が、母から習った歌を思い出します。

「わたしの子よ、学校に通っている時

天の天使はあなたのそばにいる。

白い翼で守ってあなたと共に歩んで行く。

わたしの子、小さくか弱い子よ、

天の天使たちはいつもあなたのために起きている。」

親の心配を祈りに替えて、子供たちを祝福しつつ学校に送ってみましょうか。

 

Paivi Poukka、ポウッカパイヴィ、スオミ・キリスト教会の宣教師

写真はDreamstimeから

  • 来週の礼拝:2019年6月23日  聖霊降臨後第2主日 2019年6月16日
     聖書   列王記    17:17~24       ガラテア   1:11~24       ルカ     7:11~17  讃美歌  157(1・3・4・5)365 346 136  担当   司式    吉村博明 宣教師       説教    吉村博明 宣教師       奏楽...
  • 説教:浅野直樹 牧師(市ヶ谷教会) 2019年6月16日
      ヨハネ16章12-15節 三位一体主日 2019/06/16   ■三位一体主日 教会の暦は三位一体主日を向かえました。ペンテコステで聖霊の力が注がれたので、これで父と子と聖霊の三位が出揃ったということで、伝統的にペンテコステの次の日曜日を三位一体主日としています...
  • 交わり 2019年6月16日
      きょうは講壇交換の日です、市ヶ谷教会の浅野直樹牧師をお迎えして主日礼拝は滞りなく行われました。当教会の吉村宣教師は武蔵野で礼拝を担当されました、講壇交換は一年に2回ほど行なわれます。何時もとは違った牧師先生のお話を聞くのも信徒たちにとっては刺激になります。礼拝後浅野先生を囲んでの...
  • 歳時記 2019年6月16日
      この時期に咲く草花の定番であるホタルブクロが何時もと違った場所に咲いていました。例年ですと日当たりのよい東側の斜面に咲くのですが今年は何故か草薮のなかにひっそり咲いていました。草花の縄張り争いに負けたのでしょうか?...
  • 説教:木村長政 名誉牧師 2019年6月10日
     聖霊降臨祭(赤)創世記11章1~9節、使徒言行録2章1~12節、ヨハネ16章4b~11節、使徒言行録2章1~12節 「聖霊が降って、全地の民に」  今日の礼拝は、世界中のキリスト教会が、特別な礼拝をしています。  聖霊が弟子たちの上に降った、という出来事が起こったのであります。  使徒言行...
  • 交わり 2019年6月10日
    今朝の礼拝にフインランドからやって来たコーラスグループの一行が参加しました。こんなに大勢のフインランド人を迎えたのは過去にもありませんでした。礼拝堂に入った瞬間もしかしたらフインランドの教会に紛れ込んだかなと錯覚しました。彼らが歌ったフインランディアは重厚で礼拝堂の吹き抜けの空間をいっぱいに満たして...
  • 6月のフィンランド家庭料理クラブのご報告 2019年6月10日
    雨のないどんよりとした梅雨入り後の土曜日、「スオミ教会家庭料理クラブ」はミューズリーの入ったパンと野菜たっぷりのスープを作りました。 最初にお祈りをしてスタートです。 ドライフルーツに種やオートミールがミックスされたミューズリーと、ライ麦粉や小麦粉を、ミルクで捏ねた生地は、低い丸い形に成型されて...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 6月 20日 7:00 pm
    フィンランド語クラス
    初級クラス、中級クラス
  • 6月 20日 8:15 pm
    フィンランド語クラス
    上級クラス
  • 6月 23日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ7章11~17),礼拝後交わり。
聖書を学びたいなら: