Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
説教:木村長政 名誉牧師 | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

説教:木村長政 名誉牧師

                                                                                                                                                                                               聖餐式:木村長政 名誉牧師

  

 

聖霊降臨後 第12主日 (緑)

          コリントの信徒への手紙 10613節     

                                              201991日(日)

 

 今日の聖書は、コリントの信徒への手紙 10613節です。

 前回10章になって、パウロは突然モーセの話を持ち出しました。[私たちの祖先は、皆、雲の下におり、皆、海を通り抜け、皆、雲の中、海の中で、モーセに属するものとなる洗礼を授けられた。]

 モーセが、イスラエルの民を、奴隷の状態にあったエジプトから、脱出させた。

 これはイスラエルと神との歴史、を述べてきました。神が全人類の中でも、特に、イスラエルという民族を選んで、神の業をなしていかれたのです。

 ところで、そのイスラエルは、神の前に、いろんな意味で、罪を犯してしまうのでした。罪を犯したというのは、自分たちの事は自分だけで何とかできるようになると言う事、別に神等と関係なしでいけるのだと、思ってしまいます。

 しかしこれは、神の前に於いては罪を犯したという事です。

 105節には「彼らの大部分は、神の御心に適わず荒野で滅ぼされてしまいました。」とあります。罪を犯したのなら、神の罰があるのであります。

 しかし、ここに、事はそれだけではありませんでした。私たちの思いもよらない、神の真理の世界が示されていきます。イスラエルが罪を犯したことは、この民の中の神の背き、人間の欲、深い問題でありますね。ところがここに最も心を用いられたのは、神様でありました。

 彼らは、たしかに、神に対して罪を犯したのでした。神はモーセを通して、様々の律法も与えられ、それによって、罪を犯してしまう自分たちに気づかされたのでありました。

 しかし、もう1つの事がありました。彼らの罪は、神に対することであっただけでなく、その罪も又、神が支配しておられたのであります。

 もう少し、ふみこんで申しますと、これは、神がすべてを支配しておられ、罪をさえ、支配される。それだけでなく、このように、神が支配されるのは、その罪さえも神の 御業のために用いられる、ということでありました。

 だから聖書に記されたのです。

 神の救いのために、いましめとして、神が用いられるのであります。

 これはすごいことでありますね。

 例えば、前の者が何か失敗したり、しかられたり、きびしくそのとがや失敗をとがめられる、それを見て、自分は前の者のやぶれを教訓にして、そして、自分はあーにはならないぞ、といった程度の話ではありません。

 1つの例として、エジプト脱出の話をしたいのであります。イスラエルの民はエジプトを出る時、それはもう大変で、着の身着のまま、そこいらにある食料をもてるだけ持って、にわとり、やぎも羊もみんないっしょになって、何万という民が互いに助け合いながら旅に出ます、が、やがて、食べるものも水もなくなって、つぶやきや不満が起こります。どこへ向ってのがれて行くのかわからない。

 とうとう行きついた先は紅海でした。海です。民はモーセに、ののしり、迫ります。モーセは両手を

天にかかげて祈るのであります。そうすると目の前の海が二つにわれて、そこに道ができたのであります。モーセにもわからない、神のみ業が海の道を開いたのです。

 イスラエルの民は、海の中をわたって、苦難をのがれることができた。

 いったい誰がこのようなことが起るのを想像したでしょうか。

 神様は、御自分の御業のために、どんな事でも用いて、私たちには、測り知れないような事を神がなさる、ということであります。神の支配であります。

 更に、神がそのようになさったことは、信仰を持った者でなければ知ることはできない。

 なぜなら、これは、信仰を持った者のために与えられることだからであります。

 もっと言えば、神の支配が一層広く及ぶため、だからであります。 

 イスラエルの民が神の前にした事すべてが、信仰者には心に刻んでほしい大事なことでありますから、聖書に書かれたのであります。

 それは、聖書を読むことのできる者、すなわち、信仰を持っている者に対して、訓戒と警告とを与えるためであったのです。

 信仰を持たない人にはわからない。

 パウロは、コリントの教会の中で起こっている大変な問題を、具体的に数字を上げ、赤裸々に悔い改めをうったえています。それが6節~10節までにパウロが書いているとおりです。読むだけでわかります。

 6[これらの出来事は、私たちを戒める前例として起こったのです。彼らが悪をむさぼったように、私たちが悪をむさぼることのないために、彼らの中のある者がしたように、偶像を礼拝してはいけない。「民は座って飲み食いし、立って踊り狂った」と書いてあります。彼らの中のある者がしたように、みだらなことをしないようにしよう。みだらな事をした者は、一日で23千人倒れて死にました。又、彼らの中のある者がしたように、キリストを試みないようにしよう。試みた者は、蛇にかまれて滅びました。彼らの中には不平を言う者がいたが、あなた方はそのように不平を言ってはいけない。不平を言った者は、滅ぼす者に滅ぼされました。これらの事は前例として彼らに起こったのです。]

 そうしてパウロは、これまで延々と述べてきたまとめとして、11節に記しています。「それが書き伝えられているのは、時の終りに直面している私たちに警告するためなのです。」

 世の終りに臨んでいる者たちのためと言うふうに記しています。

 自分が世の終りに臨んでいるという事は、信仰がなければ分からないのです。初代の教会の人々には、このことが特に強く感じられていたと思われます。彼らはこの世の終りがやがて来ると待望していたのです。

 世の終りに臨んでいる、というのはどういうことでしょう。

 はじめの教会の人々は、主がもうまもなくおいでになると信じていました。その時が世の終りである、と思っていました。ですから、世が終りであるというのは、ただこの世のすべてが終わってしまうという事だけでなく、救い主がおいでになる時ということであります。

 この時から救いが完成するのである、ということなのです

 神様から与えられている救いが、完成する時であります。

 ナザレで30年をすごされたイエスは、ガリラヤへと出てこられ、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて、福音を信じなさい。」と叫ばれて、わずか3年間、イエス様はひと時もおしまず、福音を語り、あらゆる所で病人をいやし、奇跡の業を行われた。12人の弟子たちは毎日、一瞬たりとも離れず、イエスがあらわされた神の国を示された。にもかかわらず、彼らは理解できないまま、イエスは十字架上に死をもって限りない神の愛を示された。どれもこれも、すべては完全ではない未完成のままで、彼らのこの世では、幻を見ているようでありました。ちょうどくもりガラスを見ているようでよく分からない。

 しかし、終りの時、救いが完成するのである。不充分であった未完成がすべて完成するのであります。

 神の時の中で、神の世界のすべての真理が見えてくる。深い深い無限の神の愛が存分にあふれて、私たちのすべてをつつんでくれる。ゆるしの愛、いたみの愛からすべてつつみこんでよろこび合う愛が分かる。すべてが完成する時なのです。

 私たちは、皆、死が終りではなく、新しい生活が始まる。

 この時から、新しい時代が始まるのであります。

                                    <アーメン・ハレルヤ>

  • 来週の礼拝:2019年9月15日  聖霊降臨後第14主日 2019年9月18日
      聖書  コヘレト  8章10─17節(旧1043頁)        第一テモテ 2章 1─ 7節(新 385頁)        ルカ   16章 1─ 13節(新 140頁)     讃美歌  116、117,164、118     担当   司式   吉村博明 宣教師       説教   吉村博明 宣教師       奏楽   堀越教子 姉       当番   小林信一 兄...
  • 説教「心の耳を澄ましてごらん。天上の歓声が聞こえてくるから。」神学博士 吉村博明 宣教師、ルカによる福音書15章1-10節 2019年9月15日
    私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがにあるように。アーメン わたしたちの主イエス・キリストにあって兄弟姉妹でおられる皆様 1.はじめに 本日の福音書の個所は、イエス様の二つのたとえの教え、「見失った一匹の子羊」と「無くした一枚の銀貨」の話です。子羊のたとえでは、100匹の羊のうち1匹がはぐれてしまって、持ち主が探しに探して、やっとのことで見つけて大喜びで帰り、友達...
  • 説教:神学博士 吉村博明 宣教師(SLEY) 2019年9月8日
    説教題:「テクノロジー時代の濁流にも流されないキリスト信仰」                                                 しばらくお待ちください。...
  • 交わり 2019年9月8日
    新会堂での初めての交わりのひと時を持ちました。まだ新しい環境に馴染めないせいかどうもしっくり往かないようです、でも時間が解決してくれるでしょう。エッサイの元気な顔と土産話に気を取り直してあれこれ行き届かなかった点を整理してぼちぼち新会堂の続きを進めて行こうと思っています。  ...
  • 歳時記 2019年9月8日
    自然界も衣替えでしょうか、秋を代表するススキが穂を開きだしました。しかし日中は残暑の名残りで今日は34℃でした、暑かったですね。明日は台風一過で一気に秋到来かもしれません。          ...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 9月 22日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ16章1~13)、礼拝後交わり。
  • 9月 24日 11:00 am
    English Bible Study
    詳しく見る
聖書を学びたいなら: