Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
説教:マルッティ・ポウッカ牧師(SLEY) | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

説教:マルッティ・ポウッカ牧師(SLEY)

説教2018.11.25.
 「わたしの言葉は決して滅びない」
 マルコ13:24−31
 初めに古い目覚まし時計について話させていただきたいと思います。
 私たちのフィンランドの家は81歳(築81年)ですが、その家の机の上においてある目覚まし時計はそれよりもっと古いのです。その大きな時計の後ろに面白いことが書いてあります。「これは一番よい目覚まし時計です。」そして、故障(こしょう)した時のために、電話番号も書いてあります。その電話番号は「75」だけです。そのころ、電話はきっと貴重品(きちょうひん)だったでしょう。今、もしこの時計が止まって、電話番号 「75」をまわしても、返事はないと思います。この約束は、もう信頼できません。

 また、その目覚まし時計はたいてい朝七時に大きいな音で
 「ピルル」と鳴りました。まるで人の声のようでした。私は子どもっぽいかもしれませんでしたが、その大きな声が怖くなって、いつもその音がする少し前に起きました。六時五十分ごろでした。

 時計屋さんの約束は限りなく信頼できませんが、聖書は信頼できるみ言葉ですので、それを読みましょう。今日の聖書の箇所には、三つの大切な教えがあると思います。
1.イエスが来てくださる
 24「それらの日には、このような苦難の後、/太陽は暗くなり、/月は光を放たず、

25 星は空から落ち、/天体は揺り動かされる。

26そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。
 
27そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」

 私たちはキリストの再臨を待っています。
 世の終わりにキリストは栄光の中に出現し、全ての死人を復活させるのです。その時、義人の体はキリストの栄光の体のように変えられるのです。
 「その日は、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである」(マルコ13:32)。
 )。「死者の復活もこれと同じです蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときには弱。蒔かれるときは朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、いものでも、力強いものに復活するのです。つまり、自然の命の体が蒔かれて、霊の体が復活するのです。自然の命の体があるのですから、霊の体もあるわけです」(第一コリント15:42−44)。
イエスはまた来てくださいます。イエスを信じるものにとって、これは信頼できるよい約束ですが、イエスを信じないものにとって恐ろしいことです。イエスのほかに救い主がないからです。

2.人間は将来のことを少ししか考えられませんが
 28「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。
29それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。

 天気予報はできますが、皆さんのご存知のようにそれにも時々間違いがあるでしょう。そして、世界の経済の問題はまだまだ難しいでしょう。人間の知恵には限界(げんかい)があります。 けれども、周りの状況がどうであっても、現在も未来も、私はキリスト者として、まだ恵みの時、または宣教の時をすごしています。

 3.目を覚ましていなさい
 30.はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。
31.天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」

イエスの約束というのは、信頼に足る(たる)ものです。イエスはまだ来てくださいます。それは何日の何時ですが、とにかく あれ。。。
キリスト者には希望があります。
> 時代の混乱の最中にあって、キリスト教会は神の国が栄光の中に現れる栄光の日を、神の御約束を信じて待ち望んでいます。その時に神は全てにおいて全てとなられるのです。
> 「わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、私たちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え」(第一ペテロ1:3)。
> 「被造物だけでなく、『霊』の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。わたしたちは、このような希望によって救われているのです」(ローマ8:23−24)。
> 「このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ」(ルカ21:28)。
>
>
最初に話した時計屋さんはもうその目覚まし時計を直せませんが、イエスはいつまでも、私たちのための救い主です。そのことを毎日毎日覚えましょう。イエスの言葉は決して滅びないからです。
> 祈りましょう。
>
>
あなたの御子主イエスはまた来てくださいます。私たちはそれを神の御約束として信じて待ち望んでいます。
>よいニュースは、イエスが復活されたということです。これは私たちの一番大きな喜びの元です。あなたはイエスを私たち人間の救いのために、罪の赦しのために送ってくださいました。そして、私たちの本国の天への道も教えてくださいました。それは私たちの人生の目的です。どうか私たちに天国への道を見せてください。ペテロのように私たち一人一人に任務(にんむ)を教えてください。あなたの教えを聞けるように導いてください。私たちは信仰によってあなたの子どもです。私たちは恵みによって救われます。どうか、私たちがあなたの父なる神様のみ守りに信頼できるように私たちを強めてください。イエスと共に人生の道を歩めますように。私たちがあなたの子どもとして出来る社会的な義務や御国のためにできる仕事を教えてください。福音や神の招き、復活の喜びをどうすれば世界へ伝えることができるのか、私たち一人一人に教えてください。また、子どもと隣人をあなたに与えられた力によって大切に出来るように、互いに支え合うことが出来るように私たちの愛を主イエスキリストによって強めてください。心の中にあなたの光を照らすことができますように。この祈りを主イエスキリストのみ名によってお祈りいたします。アーメン。

  • 来週の礼拝:3月24日 四旬節第3主日 2019年3月17日
     聖書   出エジプト  3:1~15      Ⅰコリント  10:1~13      ルカ     13:1~9 讃美歌  239 240 273 386 担当  司式  吉村 博明 宣教師     説教  吉村 博明 宣教師     奏楽  青木千恵 姉       当番  西尾...
  • 説教「俺は二つの国の国民なのさ」神学博士 吉村博明 宣教師、フィリピ3章17節ー4章1節、ルカによる福音書18章31ー43節 2019年3月17日
    私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。 わたしたちの主イエス・キリストにあって兄弟姉妹でおられる皆様   1.はじめに  本日の使徒書の日課の中にあるフィリピ3章20節の聖句は、キリスト教徒のお墓の墓碑銘としてよく見かけるものです。新共同訳...
  • 「俺は二つの国の国民なのさ」 2019年3月17日
    フィンランドの有名なゴスペル・シンガーソングライター、ペッカ・シモヨキの「俺は二つの国の国民なのさ(Kahden maan kansalainen)」が聴けます!ここをクリック。 歌について、吉村宣教師の17日の説教の初めに触れられています。歌詞の訳は説教の後ろにあります。フィンランド国教会の...
  • 交わり 2019年3月17日
    今日の説教の終りのほうで説教題であるフインランドのP.シモンヨキの「俺は二つの国の国民なのさ」の歌詞を披露してくださいました。その後交わりの席でも吉村先生は彼の歌をユーチュウブで聞かせてくださいました、フインランドではゴスペルシンガーソングライターとして大変人気のある歌手だそうです。...
  • 歳時記 2019年3月17日
    散歩の途中で見かけた椿の花です、咲き初めでしょうか初々しいですね。冬枯れの木立の中で見つけた小さい春でした。...
  • 説教:木村長政 名誉牧師 2019年3月10日
    コリント第1、 7章 25-35          2019年3月10日(日)    今日の聖書は、コリント第1、 7章25~35節までです。パウロは、7章からずっと、結婚に関してのべてきました。そして、未婚の人たちについて、パウロは書いています。  ここで言っていることは、一言で「人は現...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 3月 20日 10:00 am
    手芸クラブ
  • 3月 24日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ13章1~9),礼拝後交わり、読書会担当者木村長政先生
聖書を学びたいなら: