6月22日19時45分 水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」吉村博明 宣教師、ガラテヤの信徒への手紙3章 23ー27節

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 6月22日19時45分~

聖句 ガラテヤの信徒への手紙3章 23ー27節
「信仰が現れる前には、わたしたちは律法の下で監視され、この信仰が啓示されるようになるまで閉じ込められていました。こうして律法は、わたしたちをキリストのもとへ導く養育係となったのです。わたしたちが信仰によって義とされるためです。しかし、信仰が現れたので、もはや、わたしたちはこのような養育係の下にはいません。あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。」

6月15日19時45分 水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」吉村博明 宣教師、ローマの信徒への手紙5章 1ー5節

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 6月15日19時45分~

聖句 ローマの信徒への手紙5章 1ー5節
「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。」

 

6月8日19時45分 水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」吉村博明 宣教師、ヨハネによる福音書14章12節ー14節

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 6月8日19時45分~

聖句 ヨハネによる福音書14章12節ー14節
「はっきり言っておく。わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。わたしが父のもとへ行くからである。わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。わたしの名によってわたしに何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」

ピアノと歌 ミルヤム・ハルユ宣教師
ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスク宣教師

 

6月1日19時45分 水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」吉村博明 宣教師、フィリピの信徒への手紙1章27節

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 6月1日19時45分~

聖句 フィリピの信徒への手紙1章27節
「ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい。」

ピアノと歌 ミルヤム・ハルユ宣教師
ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスク宣教師

 

5月25日19時45分水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」、ミルヤム・ハルユ宣教師、コヘレトの言葉 3章 1~8節、11節

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 5月25日19時45分~

聖句 コヘレトの言葉 3章 1~8節

「何事にも時があり/天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時/植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時/破壊する時、建てる時
泣く時、笑う時/嘆く時、踊る時
石を放つ時、石を集める時/抱擁の時、抱擁を遠ざける時
求める時、失う時/保つ時、放つ時
裂く時、縫う時/黙する時、語る時
愛する時、憎む時/戦いの時、平和の時。」

コヘレトの言葉 3章 11節

「神はすべてを時宜にかなうように造り、
また、永遠を思う心を人に与えられる。」

______

ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスク宣教師

5月11日19時45分 水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」吉村博明 宣教師 、詩篇107篇30節

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 5月11日19時45分~

聖句 詩篇107篇30節
「彼らは波が静まったので喜び祝い/
望みの港に導かれて行った。」

ピアノと歌 ミルヤム・ハルユ宣教師
ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスク宣教師

 

 

 

 

5月4日19時45分 水曜聖句と祈りのひと時「白樺の十字架の下で」吉村博明SLEY(フィンランド・ルーテル福音協会)宣教師

水曜聖句と祈りのひと時
「白樺の十字架の下で」

Youtubeで見る 5月4日19時45分~

聖句 ヨハネの黙示録7章9-10節
「この後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった、だれにも数えきれないほどの大群衆が、白い衣を身に着け、手になつめやしの枝を持ち、玉座の前と小羊の前に立って、大声でこう叫んだ。「救いは、玉座に座っておられるわたしたちの神と、/小羊とのものである。」

ヨハネの黙示録7章14節
「彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである。」

ピアノと歌 ミルヤム・ハルユ宣教師
ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスク宣教師

 

 

 

 

 

6月11日(木)18時30分「聖句と祈りのひと時」 吉村博明SLEY(フィンランド・ルーテル福音協会)宣教師

聖句 詩篇107篇28~30節
題「苦難の中から主に助けを求めて叫ぶと、主は彼らを苦しみから導き出された」
歌とピアノ ミルヤム・ハルユSLEY宣教師
ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスクSLEY宣教師

 

 

 

 

 

 

 

 

聖句と祈りのひと時「陶工と粘土」パイヴィ・ヨシムラSLEY(フィンランドルーテル福音協会)宣教師、エレミア書18章1~4節

聖句 エレミア書18章1~4節
題 「陶工と粘土」
歌とピアノ ミルヤム・ハルユSLEY宣教師
ビデオ編集 ティーナ・ラトヴァラスクSLEY宣教師
6月4日(木)18時30分