その他

交わり

週末にフインランドに一時帰国される吉村先生ご家族とその間礼拝の担当をお願いしている木村牧師、田中牧師、鷲見牧師を交えての交わりでした。これから約二ヶ月間の留守を守るのが教会員の努めになります、をさをさ気を締めて行きたいと思います。

読書会:木村長政 名誉牧師

前回に続き「放蕩息子の帰還」(H.ナウエン)の二回目です、まだプロローグの段階ですがこのレンブラントの大作を前にした著者の感激がひしと伝わってきました。

歳時記

梅雨の中休みを利用して清泉寮(山梨県)に行って来ました、牧場は草刈のま最中で美味しそうな草の香りを胸いっぱいに吸い込んできました。後ろの八ヶ岳はあいにく雲に隠れていましたが鳥のさえずりを聞きながら長閑かな一日を過ごしてきました。

歳時記

亡くなった家内の書道の先生から頂いた鉢がはじめて美しい花を咲かせました、あいにく花の名前を忘れてしまいました。どなたかご存知のかた花の名前を教えてくださいませんか?

歳時記

入梅前のひと時、何時もの公園でウォーキングです。フインランドは6月は夏の月、自慢の青空が空を覆っていることでしょう。

歳時記

土間コンクリートの割れ目に咲いた一輪の花です、残念ながら花の名前を知りません。何時ものことながら植物の生命力の逞しさに驚かされます。

歳時記

公園の水際の朽ちた杭を安住の住みかとした花の生命力に見とれてしまいました。

歳時記

以前にもご紹介したかも知れませんがセンダン(古名あうち)の花が咲きそろいました(センダンは双葉より芳しのセンダンは白檀のこと)。上品な灰色がかった薄紫色の花はそろそろ花の季節の終わり告げているようです。

交わり

今日の教会ランチはライスカレーでした、大好きなジャガイモが程よく調理されていてとても美味しかったです。フインランドの主婦はジャガイモを上手に料理されますね、パイヴィー先生ごちそう様でした。

 

歳時記

この花の名前は知りません。この時期に数年前より駐車場の片隅に咲き始めました、鮮やかなレモンイエローの花に思わず歓声を上げてしまいました。

 

聖書を学びたいなら: