その他

交わり

今日は総会もあってか何時になく大勢の方がみえました、懐かしいドイツからみえたご夫妻にもお会いできました、ご主人の美しいヴィオラの音は今も耳のそこに残っています。パイヴィ先生のお作りになった教会ランチを美味しく頂いてこの後の総会に備えました。主管牧師である浅野直樹先生をお迎えして2018年度のスオミ教会の総会が開催されました、懸案の役員人事もなんとかまとまり一安心です新役員の方々のご健闘を祈ります。

歳時記

日本海側は大雪とのことですがこちらは晴天続きの毎日が続いていました。公園を散歩していたら陽だまりでシャボン玉を楽しんでいた親子に出会いました、あまり可愛いのでしばらく眺めていたら女の子が寄ってきて盛んにシャボン玉を膨らませてくれました。別れ際にバイバイと言ったら可愛い手のひらを見せてタッチをしてくれました、きっと毎朝パパにもしてあげるのでしょうね。

歳時記

公園の木立の中で見つけました、小さな動物のねぐらのようにも見えますね。リスやウサギが丸くなって寝ていたらおとぎ話の世界ですね。

歳時記

ボケの蕾を見つけました、まだ堅そうな蕾ですが茜色が冬枯れの草叢の中で一際目立っていました。

歳時記

先月のこの時間(凡そ16時)には日が暮れて夜の帳が下りていましたがご今は覧のとおり木立が残照を浴びて黄金色に輝いていました。これから夏至に向かって一日一日と日が延びてゆくことでしょう、地球と太陽の関係では簡単に説明できますがやはり天地創造の神の御業を思い起こさずにはいられませんでした。 T.H生

歳時記

目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。わたしの助けは来る 天地を造られた主のもとから。 詩篇121

今年もしっかり目を上げて主の助けを求めます、主よスオミ教会の進むべき道を照らしてください。 T.H生

歳時記

気がついたら大晦日、あっという間の一年間でした。主に守られて来年もスオミ教会は皆様と一緒に歩み続けたいと思います、どうぞ皆様よい年をお迎えください。

「クリスマスの平和宣言」


フィンランドのトゥルクという町で1300年代からずっと続いている「クリスマスの平和宣言」をYoutubeで見る。このクリスマスの平和宣言について、クリスマス・イブ礼拝の説教の中で触れられています。

歳時記

階下の礼拝堂では静かにイブ礼拝が進行中です、時折クリスマスの賛美歌が聞こえてきます。世界中の教会がこの日この時を定めてキリストの誕生を祝う壮大なスケールにただただ感動しています。

交わり

第3アドベントの交わりです、久しぶりにヨハンナもクリスマス休暇で帰国し一緒に食事会を楽しみました。この後は今年最後の木村先生の読書会「『キリスト者の自由』を読む」を持ちました。

聖書を学びたいなら: