Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
フィンランドの教育 「みんなの教育」 パイヴィ・ポウッカ | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

フィンランドの教育 「みんなの教育」 パイヴィ・ポウッカ

「るうてる」だより 2011年10月

フィンランドはPISAの学力調査で高く評価されました。OECDの国々と比べると、フィンランドの生徒たちは一週間の勉強時間は少く、国の教育に対する予算も平均レベルです。ですから、勉強時間とか予算の大小は好成績の要因にならないのです。それよりも、平等な就学と学習の機会がその理由の一つと言えます。

平等はフィンランドの教育の大切な価値です。それを追求することは三つの意味で実現されていると思います。第一は、みんなが同じ基本教育を受けることです。学校教育が大きく変わったのは1972年の教育改革でした。義務教育は「基礎教育」と呼ばれる9年間のみんなの教育制度になりました。  

第二は、改革の結果として、安い国立学校もお金がかかる私立学校も廃止され、無料な教育制度が創立されました。現在、わずか1%の私立を除いて、小・中・高 校と大学は全て公立です。それで義務教育、高等学校、職業専門学校、大学ともに授業は無償です。小・中学校では昼食はもちろん、教科書、教材や筆記具、ま たは保健、歯のケア、通学、特別支援教育までも全て無料で提供されています。

第三は、みんなが一緒に勉強することです。フィンランドの教育の基本は平等に教育を受けることですから、なるべくみんなが一緒に席を同じくして授業を受けられるように努力しています。女子校・男子校はなく、共学だけです。能力別クラス編成もありません。

日本とフィンランドのような経済的に豊かな国では、教育は当たり前のことになりました。 現代の子供たちは学校教育を権利より義務として感じているでしょうが、 実は、勉強ができることはいつも特権です。しかし、みんなが 居住地、性別、家庭の水準、経済的および文化的な背景によらず、本当に平等に教育を受けるようになる時まで、教育社会と呼ばれる国でさえ、まだ頑張らなければならないところがあるでしょう。

神様のみ前では、全ての子供たちは掛け替えのない大切なものです。

Paivi Poukka, スオミ・キリスト教会
写真(Turun normaalikoulu): フィンランドの小学校での給食風景。給食は1974年から提供されています

  • 来週の礼拝:3月24日 四旬節第3主日 2019年3月17日
     聖書   出エジプト  3:1~15      Ⅰコリント  10:1~13      ルカ     13:1~9 讃美歌  239 240 273 386 担当  司式  吉村 博明 宣教師     説教  吉村 博明 宣教師     奏楽  青木千恵 姉       当番  西尾...
  • 説教「俺は二つの国の国民なのさ」神学博士 吉村博明 宣教師、フィリピ3章17節ー4章1節、ルカによる福音書18章31ー43節 2019年3月17日
    私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。 わたしたちの主イエス・キリストにあって兄弟姉妹でおられる皆様   1.はじめに  本日の使徒書の日課の中にあるフィリピ3章20節の聖句は、キリスト教徒のお墓の墓碑銘としてよく見かけるものです。新共同訳...
  • 「俺は二つの国の国民なのさ」 2019年3月17日
    フィンランドの有名なゴスペル・シンガーソングライター、ペッカ・シモヨキの「俺は二つの国の国民なのさ(Kahden maan kansalainen)」が聴けます!ここをクリック。 歌について、吉村宣教師の17日の説教の初めに触れられています。歌詞の訳は説教の後ろにあります。フィンランド国教会の...
  • 交わり 2019年3月17日
    今日の説教の終りのほうで説教題であるフインランドのP.シモンヨキの「俺は二つの国の国民なのさ」の歌詞を披露してくださいました。その後交わりの席でも吉村先生は彼の歌をユーチュウブで聞かせてくださいました、フインランドではゴスペルシンガーソングライターとして大変人気のある歌手だそうです。...
  • 歳時記 2019年3月17日
    散歩の途中で見かけた椿の花です、咲き初めでしょうか初々しいですね。冬枯れの木立の中で見つけた小さい春でした。...
  • 説教:木村長政 名誉牧師 2019年3月10日
    コリント第1、 7章 25-35          2019年3月10日(日)    今日の聖書は、コリント第1、 7章25~35節までです。パウロは、7章からずっと、結婚に関してのべてきました。そして、未婚の人たちについて、パウロは書いています。  ここで言っていることは、一言で「人は現...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 3月 20日 10:00 am
    手芸クラブ
  • 3月 24日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ13章1~9),礼拝後交わり、読書会担当者木村長政先生
聖書を学びたいなら: