歳時記

ミヤマオダマキ(深山苧環)

オダマキと言えば静御前が歌った「しづやしづ しずのおだまきくりかえし むかしをいまに なすよしもがな」という歌 を思い出します。長い間静御前のオダマキと花のオダマキとの関係が分からず謎でしたが「オダマキの名前は、中心を空洞にして巻いた麻の糸玉『 苧環 』に花の形が似ているところから付けられました。花が開いた形と言うより、つぼみの形が苧環に近いと思います。」 と言う説を知り納得しました。白州の家の庭に自生していた中から一株ベランダの鉢に移して育てていましたら毎年このような綺麗な花を咲かせてくれています。

新規の投稿