歳時記

桐の花

桐は奈良時代から平安時代にかけて中国から伝わったとされています。 紫色の花を咲かせることから高貴な花とされてきました。近くの公園の奥に見上げるほどの桐の大木があります。根元に散った花を拾い集めてコップに挿して愛でています。薄墨紫?とも言える渋い紫地にゴマフ模様の柄を散らした洒落た反物を思わせます。この時期に咲く藤の花と並んで多摩丘陵の叢林を彩っています。

新規の投稿