歳時記

サオトメカズラ

夏の間中庭の草木に纏わり付いていたやっかい者の蔓も今頃の季節になると可愛い実をつけます。 名前を調べたらサオトメカズラという綺麗な名前でした。散歩の途中で藪の中にいっぱいサオトメカズラの実を見つけました。引きちぎろうと引っ張ってみてもなかなか切れません、蔦はかなり丈夫に出来ています。家ではこの実のついた蔓を壁に貼り付け飾りにして楽しんでいます。万葉集にも詠われていますが万葉の時代では「(ヘ)クソカズラ」と言う有難くない名で呼ばれていました。万葉集 第163855番歌 高宮王 さう莢に延ひおほとれる屎葛絶ゆることなく宮仕へせむ サイカチに這いまつわるクソカズラのように絶えることなく、宮仕えしたいものだ。

新規の投稿