歳時記

エゴの木が一斉に開花しました。白い花房が目立ちます。若いころ師事していた建築家のもとに茶室の設計が入りました。いろいろ詰めていくうちに床の間の柱を何にするかで迷っておられました。候補の中にエゴ丸太もあがっていましたが結局エゴ丸太は外されて赤松に決まりました。以来外されたエゴの木に関心を持ち今に至っております。エゴの花を見るたび思い出します。

新規の投稿