Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
クリスマスコンサート | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

クリスマスコンサート

12月5日師走の晴れわたった土曜日の午後、クリスマス・コンサートが開かれました。
アドベント期間に行うコンサートもこれで三回目となりました。40人程の席しかない小さな教会は、折り畳みのイスを出さなければならないほど、すぐ一杯になりました。

今回は少し趣をかえて、スウェーデンとフィンランドのクリスマス・ソングを中心に行いました。スオミ教会では有志を募ってコーラスを結成し、11月は毎週日曜日の礼拝後スウェーデン語とフィンランド語の歌の特訓に取り組みました。

今回はまた、フィンランドでオペラ歌手として活躍されているT・イソ-オヤさんがたまたま、シベリウス音楽大学時代の学友であるSLEY(フィンランド・ルター派福音協会)のH・ペンティネン宣教師のところに遊びに来たのを機に友情出演してくれることになりました。こうして、スオミ教会の教会員で声楽家の井川幸子さんと二人のプロの独唱が聴かれることとなりました。

スウェーデン語やフィンランド語の歌詞は、吉村宣教師が和訳して、それをコーラスや独唱の前後にピアノの伴奏にあわせて朗読しました。

(写真)”Himlen i min famn(天の御国を両腕に抱いて)”を歌うイソ-オヤさん

(写真)”En etsi valtaa, loistoa(われ、権力も栄光も求めず)”をフルートとバイオリンの伴奏で歌う井川幸子さん

(写真)”Arkihuolesi kaikki heitä(日々の悩みをかなぐり捨てよ)”を歌うスオミ教会有志コーラス

(写真)ハンドベル演奏や劇で聴衆を魅了した教会学校

日本で普段聴かれるクリスマス音楽は、神への賛美や感謝をドラマチックに喜び溢れて表現するものが多いと思われますが、北欧のクリスマス音楽は喜びを胸に秘めるような静かさがあり、厳冬と暗黒のなかにさす一筋の温かい光に対する憧れのようなものを感じさせます。ある来訪者のコメントで、「一見して暗い感じがするのは、イエス様の将来の受難を予見させる。しかし、光をしっかり見据えているところは、人間に対する神の愛をしっかり受け止めている。イエス様の誕生の意味が深くわかるようなクリスマス音楽だと思った」という、まことにそうなんだろうなと思わせるものがありました。

1時間10分ほどのコンサートの後は、フィンランドで家庭科の先生だったパイヴィ宣教師のレシピによるジンジャークッキー(piparkakku、pepparkaka)とクリスマス・シーズンのホットドリンク(glögi、glögg)の提供がありました。皆さん、体を温めながら、和やかに歓談していました。

コンサートのプログラムの内容は以下の通りです。

1.”Jul, jul, strålande jul”, G. ノルドクヴィスト
  (“クリスマス、クリスマス、輝きに満ちたクリスマスよ”)
        ........コーラス スオミ教会有志
2.”Himlen i min famn”, C. ヘッグクヴィスト
  (“天の御国を両腕に抱いて”)
        ....独唱 テルットゥ・イソ-オヤ
3.”Joululaulu”, S. パルムグレーン
  (“クリスマスの歌”)
        ....独唱 テルットゥ・イソ-オヤ
4.”O Holy Night!”, A. アダン
        ....独唱 井川 幸子
5.クリスマス・メッセージその1
        ....スオミ教会・教会学校
6.”En etsi valtaa loistoa”, J. シベリウス
  (”われ、権力も栄光も求めず”)
        ....独唱 井川 幸子
7.”Me käymme joulun viettohon”, M. トゥルネン
  (“われら、クリスマスを祝いゆく”)
        ....独唱 井川 幸子
8.クリスマス・メッセージその2
        ....スオミ教会宣教師・吉村博明
9.”Arkihuolesi kaikki heitä”, M. マデトヤ
  (“日々の悩みをかなぐり捨てよ”)
        ....コーラス スオミ教会有志
10.“きよしこの夜”(教会讃美歌37番)
        ....全員で歌いましょう!

  • 来週の礼拝:2019年6月23日  聖霊降臨後第2主日 2019年6月16日
     聖書   列王記    17:17~24       ガラテア   1:11~24       ルカ     7:11~17  讃美歌  157(1・3・4・5)365 346 136  担当   司式    吉村博明 宣教師       説教    吉村博明 宣教師       奏楽...
  • 説教:浅野直樹 牧師(市ヶ谷教会) 2019年6月16日
      ヨハネ16章12-15節 三位一体主日 2019/06/16   ■三位一体主日 教会の暦は三位一体主日を向かえました。ペンテコステで聖霊の力が注がれたので、これで父と子と聖霊の三位が出揃ったということで、伝統的にペンテコステの次の日曜日を三位一体主日としています...
  • 交わり 2019年6月16日
      きょうは講壇交換の日です、市ヶ谷教会の浅野直樹牧師をお迎えして主日礼拝は滞りなく行われました。当教会の吉村宣教師は武蔵野で礼拝を担当されました、講壇交換は一年に2回ほど行なわれます。何時もとは違った牧師先生のお話を聞くのも信徒たちにとっては刺激になります。礼拝後浅野先生を囲んでの...
  • 歳時記 2019年6月16日
      この時期に咲く草花の定番であるホタルブクロが何時もと違った場所に咲いていました。例年ですと日当たりのよい東側の斜面に咲くのですが今年は何故か草薮のなかにひっそり咲いていました。草花の縄張り争いに負けたのでしょうか?...
  • 説教:木村長政 名誉牧師 2019年6月10日
     聖霊降臨祭(赤)創世記11章1~9節、使徒言行録2章1~12節、ヨハネ16章4b~11節、使徒言行録2章1~12節 「聖霊が降って、全地の民に」  今日の礼拝は、世界中のキリスト教会が、特別な礼拝をしています。  聖霊が弟子たちの上に降った、という出来事が起こったのであります。  使徒言行...
  • 交わり 2019年6月10日
    今朝の礼拝にフインランドからやって来たコーラスグループの一行が参加しました。こんなに大勢のフインランド人を迎えたのは過去にもありませんでした。礼拝堂に入った瞬間もしかしたらフインランドの教会に紛れ込んだかなと錯覚しました。彼らが歌ったフインランディアは重厚で礼拝堂の吹き抜けの空間をいっぱいに満たして...
  • 6月のフィンランド家庭料理クラブのご報告 2019年6月10日
    雨のないどんよりとした梅雨入り後の土曜日、「スオミ教会家庭料理クラブ」はミューズリーの入ったパンと野菜たっぷりのスープを作りました。 最初にお祈りをしてスタートです。 ドライフルーツに種やオートミールがミックスされたミューズリーと、ライ麦粉や小麦粉を、ミルクで捏ねた生地は、低い丸い形に成型されて...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 6月 20日 7:00 pm
    フィンランド語クラス
    初級クラス、中級クラス
  • 6月 20日 8:15 pm
    フィンランド語クラス
    上級クラス
  • 6月 23日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ7章11~17),礼拝後交わり。
聖書を学びたいなら: