Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
イベント | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

イベント

6月27日の子どもの料理教室の報告

子どもの料理教

子どもの料理教

6月の子供の料理教室は、雨が静かに降る月最後の土曜日に開かれました。今回は、多くの子供たちとお母さんたちが参加して、教会の2階にある牧師館はにぎやかな雰囲気に包まれました。この日みんなが作ったのは、フィンランドのクロワッサンでした。

子どもの料理教、東京料理教室は、お祈りをしてスタートします。まず最初に生地を作ります。みんな一生懸命小さな手でマーガリンを小麦粉の中にもみながら混ぜて、ヨーグルトも加えて、柔らかい生地ができました。次に生地を丸く延ばします。めん棒を使って延ばすのは最初、少し難しかったですが、みんなだんだん上手になりました。丸く延びた生地をピザカッターで分けて、それぞれの上にすりおろしたチーズとパプリカのスライスをのせて、生地を丸めてクロワッサンの形にしていきます。オーブンに入れる前に一つ一つに卵を塗って、ゴマを振りかけて飾りつけします。作る段階は沢山ありましたが、みんな一生懸命頑張りました。

魚に飲み込まれたヨナクロワッサンをオーブンで焼いている間、みんなで子供讃美歌を歌って、フランネルの劇「魚に飲み込まれたヨナ」という聖書のお話を観ました。ヨナは最初神様から逃げようとして大きな魚に飲み込まれてしまいましたが、最後には従って大勢の人々を神様のもとに導いてあげることができました。私たちも、神様から逃げないで神様が教えられることをよく聞きましょう。

フランネル劇が終わると、ちょうど焼きたてのクロワッサンの香りが拡がってきました。子どもの料理教テーブルのセッティングをして、食前のお祈りをして、さあ、いただきましょう!「わたしが作ったのはどれかな?」でも、どれを取っても、みんな同じくらい美味しかったです。ちょうどお昼の時間だったので、一人で何個も食べた子もいたようです。どうぞ、召し上がって下さい!子供たちも、みんなで一緒に作ったものをこうして一緒に食べるのは素敵なことだとわかったのではないでしょうか?

フィンランドのクロワッサン

次回の子供料理教室は10月に予定しています。詳しい案内は追ってお知らせします。どうぞ教会のHPをご覧下さい!

 

第10回「一日教会祭」でのスオミ教会からの出し物その2

プッラ6月7日の市ヶ谷教会での「一日教会祭」では、スオミ教会からは毎年恒例のフィンランドの菓子パン「プッラ」の販売も行われました。

前日の土曜日、教会の婦人有志が牧師館に集まって、パン焼き奉仕をして下さいました。Kさんの小学6年生の男の子Sプッラ、フィンランドの菓子パン君もパン生地を練るのを一生懸命に手伝ってくれました。パンを焼く香ばしい香りは、教会建物の周囲にも拡がりました。さながら、使徒パウロの言葉「キリストによって神に捧げられる良い香り」(第二コリント2章15節)のようでした。

焼き上げた数は、なんと全部で105個!売れ行きはどうなるでしょうか?

当日、このシナモンの味と甘酸っぱいレーズンがミックスした「プッラ」は大好評。教会祭の休憩時間は人だかりも出来て、見事完売でした!

 

第10回「一日教会祭」でのスオミ教会からの出し物

6月7日は、中央線沿線7つのルーテル教会が毎年開催する「一日教会祭」がありました。スオミ教会はここ数年、教会としてのエントリーがなく、有名なカンテレ演奏グループ「ピエニタウコ」に友情出演をお願いしていました。今年は教会員も何かをしようと決め、合唱グループを送り込むことにしました。スウェーデン語とフィンランド語の特訓に耐え抜いた6名が参加しました。一日教会祭

最初は、讃美歌「やすかれ」を日本語とドイツ語でソプラノ歌手井川姉が独唱。この歌のメロディーは、フィンランドの作曲家シベリウスの「フィンランディア」の一部ですが、フィンランドでは愛国心を煽る愛国歌となり、讃美歌となったのはドイツが最初で、それから英訳、日本語訳されていきました。

2番目の歌は、スウェーデン人やフィンランド人なら誰でも知っている夏の讃美歌Den blomstertid nu kommer(ス)/ Suvivirsi(フィ)。スウェーデン語、フィンランド語、日本語訳で歌いました。この歌について、吉村宣教師が教会祭プログラムに寄せたメッセージが下にあります。あわせてご覧ください。

 3番目の歌は、フィンランドのミッション団体「フィンランド・ルター派福音協会(SLEY)」の聖歌集に収められている「この青い空の下で/Saman korkean taivaan alla 。この歌は、スオミ教会のテーマソングのように歌い継がれてきました。

 今年も「ピエニタウコ」のカンテレ演奏は素晴らしかったです!

メッセージ 北欧の「夏の讃美歌」について

スウェーデンやフィンランドで300年以上歌われている夏の讃美歌があります。それぞれの国の言葉で「花咲く季節来たり」、「麗しき夏の讃美歌」と言います。花と緑が一斉に咲き出す北欧の初夏の美しさを神の創造の賛美と重ね合わせる内容です。フィンランドでは毎年、全国の小中学校の夏休み前の終業式にいつも歌われます。新入生の父兄の中には歌いながら泣き出してしまう人もいます。それは、自分が子供の頃毎年歌った歌を今自分の子供が目の前で歌うのを見て、世代が一巡したことに感極まってしまうのだそうです。全てを時宜に適うようにつくられる神の業(コヘレト3章11節)を覚えさせる歌と言えます。

 

5月9日の修養会の報告

5月9日昭和記念公園にて修養会が行われました。今年は参加者が7名と少なかったですが、新緑とポピーの花咲く広大な自然の中で、学びと交わりの時を持つことができました。

学びの時をお祈りと讃美歌で始めました。テーマは、「ルター派の死生観をどう日本での福音伝道に役立てるか?」。今回は、スオミ教会を支援するフィンランドのハルスア教会の主任牧師で神学博士のJ.ヘイッキネン先生の送って下さった論考を吉村宣教師が紹介して、それをもとに皆で話し合いの時を持ちました。

ルターは教会ポスティラの中で、人間は死んだら復活の日までは神のみぞ知る場所にて安らかに眠っているのみ、と教えました。そうすると、復活の日までは天国にはまだ誰も入っていないことになります。しかし他方で、ルターは、カトリックに伝統的な考え方「天上の聖人の群れ」の存在も否定しませんでした。ただし、ルターの場合は、天上の聖人の意義がカトリックと大分変りました。そのようなことについての話が吉村宣教師からなされました。

皆による話し合いでは、最後の審判の日や聖餐式の意味、さらには祖先や死んだ人の霊を崇拝する日本人の信仰のかたちまで話題が多岐にわたり、あっと言う間に2時間が過ぎてしまいました。

勉強会の後は、場所をかえて一緒にお弁当を食べて、それから皆で公園内を散策しました。心配された雨も降らず、強い日差しもなく、爽やかな5月のそよ風の中で、霊的にも肉体的にも良い栄養を得た一日となりました。

野外修養会のお知らせ:5月9日(土)昭和記念公園 是非ご参加下さい

野外修養会:5月9日(土)昭和記念公園

担当 吉村博明 宣教師 テーマ「(仮)ルターの死生観を日本の福音伝道にどう役立てるか」 

集合10:30 jr西立川駅前、正門前集合、切符売り場前(雨天の場合はスオミ教会にて) 各自昼食持参のこと

聖書の学び、昼食(お弁当各自持参)、園内を一緒に散策等

クリスマスコンサート

12月20日クリスマスコンサートが礼拝堂で行われました、生憎の雨模様の天気でしたが36名の参加者がありました。伊川幸子さん、ハンナ・ペンテネンさん、CSの生徒さんの出演で大いに盛り上がりました。

フインランド語クラス歓送迎会

3月16日ポウッカ先生ご夫妻の帰国と杉本先生の熊本への移動に伴って講師陣の交代が行われました。新しい講師は宣教師・吉村博明先生とパイヴィ夫人です、今後の授業は毎月第一、第三金曜日、19:00~開始です。詳細は4月19日(金)の講座で発表される予定です。

復活祭ご案内とイースターのご挨拶

イースターのご挨拶

  • 来週の礼拝:3月24日 四旬節第3主日 2019年3月17日
     聖書   出エジプト  3:1~15      Ⅰコリント  10:1~13      ルカ     13:1~9 讃美歌  239 240 273 386 担当  司式  吉村 博明 宣教師     説教  吉村 博明 宣教師     奏楽  青木千恵 姉       当番  西尾...
  • 説教「俺は二つの国の国民なのさ」神学博士 吉村博明 宣教師、フィリピ3章17節ー4章1節、ルカによる福音書18章31ー43節 2019年3月17日
    私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。 わたしたちの主イエス・キリストにあって兄弟姉妹でおられる皆様   1.はじめに  本日の使徒書の日課の中にあるフィリピ3章20節の聖句は、キリスト教徒のお墓の墓碑銘としてよく見かけるものです。新共同訳...
  • 「俺は二つの国の国民なのさ」 2019年3月17日
    フィンランドの有名なゴスペル・シンガーソングライター、ペッカ・シモヨキの「俺は二つの国の国民なのさ(Kahden maan kansalainen)」が聴けます!ここをクリック。 歌について、吉村宣教師の17日の説教の初めに触れられています。歌詞の訳は説教の後ろにあります。フィンランド国教会の...
  • 交わり 2019年3月17日
    今日の説教の終りのほうで説教題であるフインランドのP.シモンヨキの「俺は二つの国の国民なのさ」の歌詞を披露してくださいました。その後交わりの席でも吉村先生は彼の歌をユーチュウブで聞かせてくださいました、フインランドではゴスペルシンガーソングライターとして大変人気のある歌手だそうです。...
  • 歳時記 2019年3月17日
    散歩の途中で見かけた椿の花です、咲き初めでしょうか初々しいですね。冬枯れの木立の中で見つけた小さい春でした。...
  • 説教:木村長政 名誉牧師 2019年3月10日
    コリント第1、 7章 25-35          2019年3月10日(日)    今日の聖書は、コリント第1、 7章25~35節までです。パウロは、7章からずっと、結婚に関してのべてきました。そして、未婚の人たちについて、パウロは書いています。  ここで言っていることは、一言で「人は現...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 3月 20日 10:00 am
    手芸クラブ
  • 3月 24日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ13章1~9),礼拝後交わり、読書会担当者木村長政先生
聖書を学びたいなら: