Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, object given in /home/suomikyoukai/suomikyoukai.org/public_html/wp-includes/functions.php on line 3676
イベント | 日本福音ルーテルスオミ・キリスト教会 / 中野区 – 東京

イベント

「キリスト教式葬儀セミナー」

教会主催の「キリスト教式葬儀セミナー」がキリスト教葬儀専門会社・「輝」の担当者を招いて行われました。「輝」は教会員Aさんのお父上の葬儀にも携わった経験からかなり細かな質問にも丁寧に応対してくれました。教会員の葬儀問題についてはヘイッキネン先生の頃からの長年の役員会・継続テーマとなっていましたが漸く実現できほっとしました。

2018年スオミキリスト教会クリスマス・マーケット&コンサートのお知らせ。

イースターのご案内

2018年イースターのご案内

チラシを見る

 

子ども料理教室 3月31日(土)10時30分から12時30分くらい

クリスマス子ども料理教室のご案内。12月9日 (土) 10:30

クリスマス子ども料理教室

12月9日(土)10時30分から13時くらいまで

チラシを見る

フィンランド独立100周年記念ミュージカル「ストーリー・オブ・フィンランド」日本ツアー


フィンランド独立から今日までを、民族音楽とダンスで綴る政府公認ミュージカルです。

12月6日(水)フィンランドの独立記念日の大津公演(びわ湖ホール)を皮切りに、7日(木)清水公演(清水テルサ)、8日(金)浜松公演(常葉大学大講堂)、9日(土)東京公演(聖書キリスト教会、アクセスを見る10日(日)飯能公演(飯能市市民会館)の全国5カ所でのツアーがなされます。この記念すべきフィンランド100歳のお祝いを、ご一緒にお祝いしていただければ幸いです。

12月9日の東京公演
前売りチケットは、スオミ・キリスト教会の吉村先生から購入されると割引になります(数に限りがあります)!詳しくはお電話ないしEメールでお問い合わせください。

 

「フィンランド・フェスタ」のご案内 2017年10月9日(祝日)

「フィンランド・フェスタ」 
2017年10月9日(祝日)10時30分~

今年2017年は、北欧の国フィンランドの独立100年記念の年であるとともに、ドイツの神学者マルティン・ルターが宗教改革を開始した500年記念の年でもあります。

この二つの出来事を記念する今年、スオミ・キリスト教会ではコンサート、講演、ランチ&コーヒー、ミニバザーを一緒にした「フィンランド・フェスタ」を催します。

是非お越し下さい!

チラシを見る (PDF) 

フィンランド・フェスタ

フィンランド・フェスタ

4月9日 14時~15時 ヴイア・ドロロ―サ、教会音楽と聖書朗読で巡るイエス・キリストの苦難の道

詳しく見る (PDF)

苦難の道

 

子どもクリスマス会のご案内、12月19 日(土)10時30分~

子どもクリスマス会

12月19 日(土)10時30分から12時30分くらいまで

ポスターを見る(PDFファイル)

小学生くらいまでの皆さん、ぜひいらして下さい!こどもが小さいときは、お母さんやお父さんもごいっしょにどうぞ。

プログラムはフィンランドのクリスマス・クッキーをみんなで一緒に作って、クリスマスケーキの飾りをします。

フランネルを使ったクリスマス・ドラマを見たり、こども讃美歌を歌ったりします。

作ったクッキーとクリスマスケーキをジュースと一緒にあじわいます。お父さんとお母さんはコーヒーや紅茶と一緒に召し上がります。

 費用は、一人200円。

材料の準備のために事前に下記にご連絡いただけると幸いですが、当日急に来られても大丈夫です。℡ 3362-1105 ないし 6279-1580

クリスマスコンサート

12月5日師走の晴れわたった土曜日の午後、クリスマス・コンサートが開かれました。
アドベント期間に行うコンサートもこれで三回目となりました。40人程の席しかない小さな教会は、折り畳みのイスを出さなければならないほど、すぐ一杯になりました。

今回は少し趣をかえて、スウェーデンとフィンランドのクリスマス・ソングを中心に行いました。スオミ教会では有志を募ってコーラスを結成し、11月は毎週日曜日の礼拝後スウェーデン語とフィンランド語の歌の特訓に取り組みました。

今回はまた、フィンランドでオペラ歌手として活躍されているT・イソ-オヤさんがたまたま、シベリウス音楽大学時代の学友であるSLEY(フィンランド・ルター派福音協会)のH・ペンティネン宣教師のところに遊びに来たのを機に友情出演してくれることになりました。こうして、スオミ教会の教会員で声楽家の井川幸子さんと二人のプロの独唱が聴かれることとなりました。

スウェーデン語やフィンランド語の歌詞は、吉村宣教師が和訳して、それをコーラスや独唱の前後にピアノの伴奏にあわせて朗読しました。

(写真)”Himlen i min famn(天の御国を両腕に抱いて)”を歌うイソ-オヤさん

(写真)”En etsi valtaa, loistoa(われ、権力も栄光も求めず)”をフルートとバイオリンの伴奏で歌う井川幸子さん

(写真)”Arkihuolesi kaikki heitä(日々の悩みをかなぐり捨てよ)”を歌うスオミ教会有志コーラス

(写真)ハンドベル演奏や劇で聴衆を魅了した教会学校

日本で普段聴かれるクリスマス音楽は、神への賛美や感謝をドラマチックに喜び溢れて表現するものが多いと思われますが、北欧のクリスマス音楽は喜びを胸に秘めるような静かさがあり、厳冬と暗黒のなかにさす一筋の温かい光に対する憧れのようなものを感じさせます。ある来訪者のコメントで、「一見して暗い感じがするのは、イエス様の将来の受難を予見させる。しかし、光をしっかり見据えているところは、人間に対する神の愛をしっかり受け止めている。イエス様の誕生の意味が深くわかるようなクリスマス音楽だと思った」という、まことにそうなんだろうなと思わせるものがありました。

1時間10分ほどのコンサートの後は、フィンランドで家庭科の先生だったパイヴィ宣教師のレシピによるジンジャークッキー(piparkakku、pepparkaka)とクリスマス・シーズンのホットドリンク(glögi、glögg)の提供がありました。皆さん、体を温めながら、和やかに歓談していました。

コンサートのプログラムの内容は以下の通りです。

1.”Jul, jul, strålande jul”, G. ノルドクヴィスト
  (“クリスマス、クリスマス、輝きに満ちたクリスマスよ”)
        ........コーラス スオミ教会有志
2.”Himlen i min famn”, C. ヘッグクヴィスト
  (“天の御国を両腕に抱いて”)
        ....独唱 テルットゥ・イソ-オヤ
3.”Joululaulu”, S. パルムグレーン
  (“クリスマスの歌”)
        ....独唱 テルットゥ・イソ-オヤ
4.”O Holy Night!”, A. アダン
        ....独唱 井川 幸子
5.クリスマス・メッセージその1
        ....スオミ教会・教会学校
6.”En etsi valtaa loistoa”, J. シベリウス
  (”われ、権力も栄光も求めず”)
        ....独唱 井川 幸子
7.”Me käymme joulun viettohon”, M. トゥルネン
  (“われら、クリスマスを祝いゆく”)
        ....独唱 井川 幸子
8.クリスマス・メッセージその2
        ....スオミ教会宣教師・吉村博明
9.”Arkihuolesi kaikki heitä”, M. マデトヤ
  (“日々の悩みをかなぐり捨てよ”)
        ....コーラス スオミ教会有志
10.“きよしこの夜”(教会讃美歌37番)
        ....全員で歌いましょう!

スオミ・キリスト教会のバザー・ランチタイム・コンサート・講演会の模様です。

秋晴れの好天の元、教会バザーは今年も開催されました。昨年よりも来場者の人数は多かったように見受けられました、子供コーナーも趣向を凝らしたゲームが人気を呼んでいました。

スオミ会の女性軍は今年も沢山の品を持ち込んでくれました、終了間際には一品10円という驚異的な値段も飛び出しました。

ランチタイムは当教会自慢のフインランド料理がでました。なかでも絶品はサーモンスープです、このサーモンを求めてパイヴィ・ヨシムラ先生は今年も河岸まででかけました。

スオミ教会のコンサートには定番のピエニ・タウコが今年も出演してくださいました、今年は教会音楽も取り入れてレパートリーの広がりをみせてくださいました。

マルッティ・ポウッカ先生のはりのあるテノールによる独唱、教会のオルガンとは思えない素晴らしいオルガン演奏、そして藤原加奈姉とのフルート共演、何れも心行くまで私たちを魅了してくださいました。

パイヴィ・ポウッカ先生の講演会です、演題は「フインランドの道徳教育」でした。巧みな日本語を駆使してフインランドと日本の道徳教育の現状を解説してくださいました。

 

  • 来週の礼拝:2月24日 顕現節第8主日 2019年2月17日
      聖書 列王記    8:41~43     ガラテア   1:1~10      ルカ    7:1~10  讃美歌  116 401 346 399  担当   司式   吉村 博明 宣教師       説教   吉村 博明 宣教師       奏楽   青木千恵 姉      ...
  • 説教「罪の赦しと復活の希望を携えて」 神学博士 吉村博明 宣教師、ルカによる福音書6章37-49節 2019年2月17日
     エレミア7章1-7節、第一コリント15章12-20節、ルカ6章37-49節 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン 私たちの主イエス・キリストにあって兄弟姉妹でおられる皆様 1.はじめに  皆さんは、本日の福音書の個所を読んでどう思われたで...
  • 手芸クラブのご案内、2月27日(火)10時~12時 「マイ帽子」を作ってみませんか。 2019年2月17日
    手芸クラブは、月1回開かれています。 次回は、2月27日(水)10時から12時までです。作品はクローシェ網の「マイ帽子」です。クローシェ網の帽子は自分の好みで一色から何色でも作れます。冬用の帽子でしたら毛糸、夏用の帽子は綿糸で作ります。 素敵な帽子が出来ますので、お気軽にご参加ください。...
  • 交わり 2019年2月17日
    今日の教会ランチは炊き込みご飯でした、大好物のポテトサラダが嬉しかったです。ポテトのほかにリンゴ・ニンジン・キュウリそれにピクルスが隠し味?として忍ばせてありました、とても美味しかったです。...
  • 歳時記 2019年2月17日
    池の氷も溶けて水鳥が泳ぎ出しました。まもなく渡りの季節が来るのでしょうか、以前勤めに出ていた頃早朝バスを待っていると暗がりの中頭上を渡り鳥が群れをなしながら北に向かって飛び去って行きました。彼らはどうやって方角がわかるのか不思議でなりませんでした。    ...
  • 説教:木村長政 名誉牧師 2019年2月10日
      顕現節第6主日     2019年2月10日(日) 「主によって、召された自由」   創世記  45:3~15  Ⅰコリント 7:17~24   ルカ    6:27~36  コリントの教会の信徒への手紙を、今回もいっしょに、みことばに聞いて参りましょう。今日は、7章17節ー24...
このサイトに引用されているのは聖書新共同訳です。
聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
  • 2月 24日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師「神の子として生きよ」(ルカ7章1~10),礼拝後交わり、読書会担当者木村長政先生
  • 2月 27日 10:00 am
    手芸クラブ
  • 2月 28日 11:00 am
    English Bible Study
    詳しく見る
  • 3月 3日 10:30 am
    主日礼拝
    司式・説教吉村博明宣教師(ルカ9章28~36),礼拝後交わり、役員会。
聖書を学びたいなら: